Javaちょこっとリファレンス ブログ

Java開発時にぜひご利用ください。

Java 標準API

[Java] 使用可能なプロセッサ数を取得する

投稿日:2020年2月3日 更新日:

使用可能なプロセッサ数を取得するには、
Runtime#availableProcessors() を使用します。

サンプルソース

例)プロセッサ数を取得してコンソールに表示する

(結果)
java GetProcessor.java 使用可能なプロセッサ数:4

備考

  • 取得する値は、CPUの数やコア数ではなく論理プロセッサ数です。
  • 論理プロセッサ数はタスクマネージャの以下にも表示されます。
    タスクマネージャー(論理プロセッサ数)
    ※タスクマネージャ画面の例

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Java, 標準API
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

[Java] 文字列を比較するには「==」ではなく必ず「.equals」を使用しましょう

一般的な言語で文字列の比較をする時には「==」で比較することが多いですが、Javaで文字列どうしを比 ...

[Java] 例外発生時のスタックトレースを出力する(.printStackTrace)

例外発生時のスタックトレースを出力するには、.printStackTrace()を使用します。 サン ...

[Java] 2つの数値の大きい方/小さい方の値を返す(Math.max、Math.min)

2つの数値の大きい方/小さい方の値を返すには、Math.max、Math.minを使用します。 (j ...

[Java] 文字列の末尾が一致しているか判定する(.endsWith)

文字列の末尾が一致しているか判定するには、.endsWith()を使用します。 構文 (java.l ...

[Java] LocalDateクラスで日付を生成する

Java8.0から導入された、 java.time.LocalDateクラスで日付を生成する方法です ...