Javaちょこっとリファレンス ブログ

Java開発時にぜひご利用ください。

Java 標準API

[Java] 使用可能なプロセッサ数を取得する

投稿日:2020年2月3日 更新日:

使用可能なプロセッサ数を取得するには、
Runtime#availableProcessors() を使用します。

サンプルソース

例)プロセッサ数を取得してコンソールに表示する

(結果)
java GetProcessor.java 使用可能なプロセッサ数:4

備考

  • 取得する値は、CPUの数やコア数ではなく論理プロセッサ数です。
  • 論理プロセッサ数はタスクマネージャの以下にも表示されます。
    タスクマネージャー(論理プロセッサ数)
    ※タスクマネージャ画面の例

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Java, 標準API
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[Java共通部品] 数値チェック

対象文字列が数値かどうかをチェックするメソッドのサンプルです。 サンプルソース 例)指定した文字列が ...

[Java] 空のファイルを作成する

Javaで空のファイルを作成するサンプルです。 サンプルソース 例)Cドライブ直下にtestfile ...

[Java] 数値リテラルで型を明示的に指定する

数値リテラルで型を明示的に指定する方法です。 たとえば123という数値を指定する場合、ただ123と指 ...

[Java] 円周率を使用する(Math.PI)

Javaで円周率を使用するには定数「Math.PI」が用意されいます。 サンプルソース 例)半径3c ...

[Java共通部品] 16進数⇒10進数に変換する

16進数の数値を10進数数値に変換する共通関数です。 サンプルソース 例)16進数を10進数に変換す ...