Javaちょこっとリファレンス ブログ

Java開発時にぜひご利用ください。

標準API Java

[Java] 文字列を比較するには「==」ではなく必ず「.equals」を使用しましょう

投稿日:2018年2月15日 更新日:

一般的な言語で文字列の比較をする時には「==」で比較することが多いですが、Javaで文字列どうしを比較するにはこの方法だと正しく比較されません。


以下は「==」で比較するダメな例です。

実行例を分かりやすくするために敢えてnew Stringで生成しています。

文字列どうしを比較する(ダメな例)

(結果)
違う値です

上記の方法で比較すると、値が同じかどうかの比較ではなく、変数の参照先が同じかどうかという比較になるためNGです。
(ただ、文字列の定義は通常「String a = "hoge";」みたいにしますが、このような場合、参照先に同じ値があると参照先を共有するので、多くの場合うまく判定できてしまうのが厄介なのですが・・)


正しく文字列の値を比較するには、.equals を使用します。

文字列どうしを比較する(OKな例)

(結果)
同じ値です

まとめ

  • String型の値を比較する場合は必ず、.equalsメソッドを使用しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-標準API, Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

[Java] 文字列の大文字→小文字の変換を行う(.toLowerCase)

文字列の大文字→小文字の変換を行うには、.toLowerCaseを使用します。 構文 (java.l ...

[Java] Javaからexit値を返す

Javaからexit値を返すサンプルです。 これで起動元のバッチなどから実行結果を取得することができ ...

[Java] オブジェクトのパッケージ名を取得する(Class.getPackage)

オブジェクトのパッケージ名を取得するには、ClassクラスのgetPackageを使用します。 サン ...

[Java] 数値リテラルで型を明示的に指定する

数値リテラルで型を明示的に指定する方法です。 たとえば123という数値を指定する場合、ただ123と指 ...

[Java] 独自例外を定義・使用する

Javaで独自例外を定義して使用するサンプルです。 サンプルソース 例)独自例外「MyExcepti ...