Javaちょこっとリファレンス ブログ

Java開発時にぜひご利用ください。

Java基本

[Java] Javaからexit値を返す

投稿日:2019年4月1日 更新日:

Javaからexit値を返すサンプルです。
これで起動元のバッチなどから実行結果を取得することができます。

サンプルソース

例)exit値に1を返す

(結果)
C:¥>java SampleClass.java exit値として1を返します。

備考

  • exit値を返すには、System.exit();の引数に返したい数値を指定します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Java基本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

[Java] オブジェクトのパッケージ名を取得する(Class.getPackage)

オブジェクトのパッケージ名を取得するには、ClassクラスのgetPackageを使用します。 サン ...

[Java] 文字列の大文字→小文字の変換を行う(.toLowerCase)

文字列の大文字→小文字の変換を行うには、.toLowerCaseを使用します。 構文 (java.l ...

[Java] 文字列の指定位置の文字を取得する(.charAt)

文字列の指定位置の文字を取得するには、.charAtを使用します。 構文 (java.lang.St ...

[Java] LocalDateクラスで日付を生成する

Java8.0から導入された、 java.time.LocalDateクラスで日付を生成する方法です ...

[Java共通部品] 日付文字列(YYYYMMDD)に指定した日数を加算する

日付文字列(YYYYMMDD)に指定した日数を加算した日付文字列を返す共通関数サンプルです。 サンプ ...